バッテリートラブルの傾向と対策

車の故障の中で、比較的多いのがバッテリーに関することです。
毎日車を利用している人にはあまり起こりませんが、1週間に1回くらいの運転では充電が不十分となり、トラブルの原因となります。
また、夏はエアコンを使用するので、トラブルが増える傾向があります。
対策としては、不具合がなくても2~3年くらいで交換をすることで、トラブルを防ぐことが出来るので、車検ごとに交換するのも手です。
また、交換の目安としては、エンジンをかける時にセルモーターの回転が弱々しくなった時や、ヘッドライトを点灯しているときに、指示器などを同時につけた場合に、ヘッドライトの明るさが暗くなったりしたら交換の目安となります。
交換しないまま使い続けていると、ある日突然エンジンかかからなくなるので注意が必要です。
また、他にも後付けでカーアクセサリーをつけた時やガリバー評判にも注意が必要です。
車のエンジンをかけていない時にも、電気を利用しているアクセサリーもあるので、取り付ける時には、説明書をよく読んでから取り付けます。
長持ちさせるには、エアコンやアクセサリーを極力使用せず、長距離のドライブを2~3週間に1回は行うようにします。
また、エコ運転を心がけることも重要です。