バイク

バイクのバッテリーも四輪車のバッテリーとまったく同じもので、何か違うわけではないので、特別なことがあるわけではないのですが、強いて違いを挙げるのならば、一部の車以外は容量が小さいので、過充電、過放電が起こりやすいと言えるでしょう。
つまり案外長持ちしないかも知れないということです。ある日突然エンジンがかからないと言うことが割りと簡単に起こります。特に過充電により電解液の不足は電極が見えるところまで減ってしまうとかなり致命的なダメージになっている可能性が高い状態です。そういうことが起こりやすいので、バッテリー液を補充できるタイプの場合には、豆に点検して、バッテリー液の量を一定に保つようにすることが大事です。しかし最近良くあるバッテリー液の補充が必要ないタイプではそういうことも必要ないので、電圧が下がっているようなら充電してやるくらいしかすることがありません。あとは電圧等をチェックして、容量が低下しているようなら早めに交換することでしょうか。エンジンが始動不能になってから交換するのは、その場でバッテリーを選ぶことも難しいですし、決して良いことではありません。
やはり早めに交換するのが良いでしょう。

コメントは受け付けていません。