バッテリートラブルの発生傾向

車を運転する時にエアコンの使い過ぎなどからバッテリーが上がってしまうトラブルが起こったりします。このような事態が起こる傾向として夏場でしたらエアコンをフルで活用することで電気が大幅に消費されることが挙げられます。自動車でよく消費される電力はエアコンにあるだけではなく、ブレーキランプやヘッドライトも電力を消費します。
よくあるトラブルが日中トンネルを走行の際にヘッドライトをつけたまま走行していたり、そのまま車を駐車場に停めてヘッドライトをつけたまま長期で外出してしまうということがあり、エンジンがかからなくなるという事態が起こることがあります。この場合他の車両から電気を分けてもらう応急処置を行うことで、エンジンを始動させることが出来ます。
トラブルが起こるのは、車の運転時に電気を作れる量と消費する量の不釣り合いから起こるもので、自動車においては電気は自然に生み出されるのではなく、エンジンの回転から発電機が駆動される仕組みになっています。必要に応じて充電から補うようになりますが放電量が多くなれば電力の不足が起こります。この場合充電器で充電を行うと電気容量を回復することが出来ます。劣化によって電気容量が不足すると寿命という形になります。

コメントは受け付けていません。