クルマ

普段からクルマを利用している人も多いですが、思わぬ所でトラブルに見舞われる事があります。
そういった事がないように普段のメンテナンスは怠らないようにしたいものです。
よくあるトラブルの一つとしてバッテリーが上がってしまいエンジンが始動しないという事があります。
主な原因としてライトや室内灯、電装品などを長時間使用した場合などがありますが、それ以外にもバッテリー自体が原因となるケースも考えられ、これは日頃の点検によってトラブルを未然に防ぐ事が出来ます。
まず接続端子がしっかり付けられているかをチェックし、清潔で乾燥した状態を保つ為、帯電防止機能を持つ布などで汚れを落とします。
それからバッテリー液が減っているかもチェックしておきます。
放電と充電を繰り返すと、少しずつ減っていくので、少なくなってきたら補充する事になります。。
もし減りが早く、頻繁な補充が必要となってきた場合は既にバッテリー自体が寿命となっているので交換しなければなりません。
また、バッテリーはエンジンを始動させなくても放電しているので、長時間放置した場合はエンジンが掛からなくなる時があり、充電が必要となります。
必要な時に使えないと困るので、定期的に充電量をチェックしておくと安心です。

コメントは受け付けていません。