プラグインハイブリッドカー

プラグインハイブリッドカーとは、コンセントに接続したプラグから内部のバッテリーに直接充電できる構造となっているハイブリッドカーの一種です。
走行の際にガソリンエンジンと電気モーターの両方を利用できる点については従来のハイブリッドカーと同じですが、バッテリーに直接充電することができるため、電気自動車にも近い特性を持っています。
従来のハイブリッドカーと比較すると、内蔵されている電池の容量が大きいため、一定の距離を電気のエネルギーのみで走行することができるメリットがあります。
その一方で、電池ユニットが大型化するのに加え、専用の駆動システムが必要となるため、居住スペースが狭くなる点や、コストの面で高くなる点などのデメリットもあります。
また電気自動車と比較した場合のメリットとしては、ガソリンエンジンによる走行もできることからバッテリー切れの心配がないことや、電池ユニットの重量が軽いこと、コストが安いことなどが挙げられます。
なお、家庭でバッテリーへの充電を行う際には、家庭用の一般的なコンセントを利用することはできず、専用の充電用コンセントを設置する必要があります。
充電用コンセントのタイプには、壁面に設置するタイプと柱状のスタンドタイプの2種類があり、充電中はプラグをロックすることができるなど、安全面にも配慮した設計がされています。

コメントは受け付けていません。