車両の発電と電力供給

私たちが普段快適に自動車を走らせることができているのも、自動車には走行するだけでなく様々な快適に過ごすための装備があります。それらの装備はほとんどが電気で動いていて、その電力供給源はバッテリーです。 そして、このバッテリーはそれ自体は電気を蓄電するためだけの部品なのでこのバッテリーを充電するための発電をする必要があります。

これを司る部品がオルタネーターと呼ばれています。オルタネーターはエンジンからの動力をベルトを介してもらっていて、まるで自転車のライトが点灯するのと同じ理屈で動力エネルギーを電気に変換して電力供給しています。

バッテリーが上がってしまい、エンジンがかからなくなるトラブルのほとんどはバッテリーが経年劣化のために蓄電する機能が失われ、自力でセルモーターを回すことができなることですが、稀に、バッテリーに電力供給をしているオルタネーターが本来の機能をなんらかの原因で失いバッテリーを充電してくれない状態になることがあり、そうなってしまうと、バッテリーがいくら元気な状態でも充電されないため、自動車は走行不能になってしまいます。

このような事態を回避するためにも普段から整備工場にて定期点検をうけ、プロの整備士のアドバイスを聞く必要があります。

コメントは受け付けていません。