車両の発電容量と消費電力

車はガソリンで動いていますが、車に付属しているクーラー等の場合にはその車のエンジンを発電機としてバッテリーとして蓄積してそこから供給しています。
もちろん全ての車が同じくらいの発電をしているわけではなく、発電容量は車種によっても変わってきます。例えば小型や中型なら1時間に40から60アンペアですが、大型やボックスになると60から80へとなり、軽自動車だと35から60となります。そして車においてその消費電力はどうなっているかというと、ラジオ等のオーディオは約4程度とそこまでではありません。ヘッドライトが約10ぐらいなり、実は車で一番消費電力が多いのはエアコンだったりします。
この車の電力で発生されるバッテリートラブルは発電と消費が釣り合わないことから出てくるものであり、だからこそ暑い夏場ではエアコンを利用する人が多い関係上、バッテリートラブルの傾向が多くなるということです。その消費電力が一番多いエアコンでも20は越えていませんが、もちろん車で使う電力はエアコンだけでなく、様々であり、中にはブレーキランプやヘッドライトと頻繁に使う必要が出てくるものもあります。
それらの頻繁に使うものも消費電力が大きい方ではあるのでだからこそそれらとの併用で発電した分をオーバーしてしまうのです。なのでエアコンも使い過ぎずに適度な利用を心がけましょう。

コメントは受け付けていません。